04-2923-4313

受付時間 8:30~12:00・15:00~17:00

小児ワクチン

小児ワクチン Vaccination

赤ちゃんの予防接種はいくつもの種類があり、それぞれ受けるべき時期や間隔、同時接種できるものと期間を開けて接種する必要があるなどいくつも条件があります。そこで、お母さんやご家族のスケジュールに合わせたプランをあらかじめ立てておくと安心です。当院ではワクチンスケジュールブックをお渡ししてくわしくご説明し、それぞれの方に合わせたプランを立てるところからサポートしています。

赤ちゃんの予防接種について

感染すると重症化するなど、重い後遺症や命を脅かす危険のある病気を予防するために行うのが予防接種です。ワクチンの予防接種を受けると、その病気に対する免疫(抵抗力)がつきます。

予防接種には、国や自治体が強くすすめ、規定の年齢での摂取に関しては原則無料の定期接種と個人で接種を受けるかどうかを判断する任意接種があります。任意接種に関しては、健康保険が通常は適用されず各自が費用を負担しますが、自治体が独自に助成を行っているものもあります。数年ごとに大流行を繰り返すものなどもありますので、当院ではそうしたことも考慮に入れながらアドバイスをしております。

予防接種の種類

定期ヒブ(Hib/インフルエンザ菌b型)
肺炎球菌結合型
四種混合ワクチン(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ)
麻疹風疹混合(MR)
水痘(水ぼうそう)
日本脳炎
B型肝炎
任意ロタウイルス
おたふくかぜ
インフルエンザ

予防接種を受けるにあたって

持ち物

  • 予診票
  • 母子健康手帳
  • 健康保険証
  • 診察券

※ 予診票はご記入の上、お持ちください。

注意点

接種後、しばらくは待合室か、すぐ当院に戻ることが可能な場所で様子を見守りましょう。
ご心配なことがありましたら、いつでもご相談ください。

ページトップへ