2020.02.29更新

3月3日はひな祭りですね。

ひな祭りは、女の子の健やかな成長と幸せを願う行事です。

 

もともとは江戸時代に制定された五節句の1つで、日本古来の儀礼や祭礼などと結びつき、日本ならではの行事となりました。

江戸時代に五節句が式日(現在の祝日)となって、民間に広がっていったそうです。

明治時代に新暦となり五節句は廃止となりましたが、今でも年中行事の一環として定着しています。

 

現在は「節句」と書きますが、本来は供え物をして無病息災を祈ることから「節供」と言っていたそうです。

また、旬の植物の力で邪気払いをするため、それぞれの節供には植物の別名がついています。

ですから、昔から聖なる木とされており、この時期に咲く桃の花が、ひな祭りに用いられるようになりました。

 

ひな祭りというと、女の子だけの行事に思いますが、桃の節句は、年齢性別を問わず幸せを願う邪気払い行事でした。

女の子がいる場合にはもちろん主役でお祝いしますが、男の子しかいない場合でも「桃の節句」としてお祝いしてみてはいかがでしょうか。

 

参考文献:永岡書店

     春夏秋冬 子どもに伝えたい 和の行事を楽しむ絵本

投稿者: 峰の坂産婦人科

2020.02.03更新

今日は節分。

節分をテーマにした特別食を召し上がっていただきました。

節分2020

投稿者: 峰の坂産婦人科

最近のブログ記事

entryの検索

カテゴリ

staff staff blog