2020.03.30更新

お花見は、奈良時代の貴族が始めた行事といわれており、当初は梅の花を観賞するものでした。

それが平安時代に入り、お花見の花が梅から桜へ移り変わっていきました。

また、お花見は豊作祈願の行事として、農民の間でも行われていました。桜は、春になって山からおりてきた田の神様が宿る木とされていたため、桜の咲き方でその年の収穫を占ったり、桜の開花期に種もみをまく準備をしたりしていたそうです。豊作を願い、桜の元で田の神様を迎え、料理や酒でもてなし、人も一緒にいただくことが本来のお花見の意味だったようです。

 

なので、お花見しながら人が騒ぐのはあながち間違っていないようです…

 

でも、今年は、新型コロナウイルス感染症の感染拡大予防のため、お花見の自粛という状況。

通勤途中で桜を見かける程度で我慢するしかないなぁという少し残念な気持ちです。

 

早く、新型コロナウイルス感染症が落ち着きますようにと祈るばかりです。

 

 

 お花見

投稿者: 峰の坂産婦人科

2020.03.24更新

早くも桜が見頃を迎え始めました。

入院中の皆さまにもお花を楽しんで頂きたく、お花見Lunchを

ご用意致しました。

お花見ランチ2020

投稿者: 峰の坂産婦人科

2020.03.03更新

今日はひな祭り。

可愛いお食事をご用意させていただきました。

ひな祭り2020

投稿者: 峰の坂産婦人科

2020.03.03更新

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、以下の日程の母親学級は中止させていただきます。

 

3/11(水) 14時~

3/18(水) 14時~

 

ご出席を予定されていた方にはご迷惑をおかけしますが、ご理解ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

投稿者: 峰の坂産婦人科

2020.03.01更新

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、入院患者様へのご面会を以下に制限させていただきます。

【面会可能な方】

夫(パートナー)、上の子、両親

 *面会は可能な限り短時間でお願いします。

 また、面会される方は面会時は必ず、

マスク着用、手洗い、手指消毒」を行ってください。

 

終了時期は再度ホームページにてご案内します。

ご理解、ご協力をよろしくお願いします。

院内感染委員会

投稿者: 峰の坂産婦人科

2020.02.29更新

3月3日はひな祭りですね。

ひな祭りは、女の子の健やかな成長と幸せを願う行事です。

 

もともとは江戸時代に制定された五節句の1つで、日本古来の儀礼や祭礼などと結びつき、日本ならではの行事となりました。

江戸時代に五節句が式日(現在の祝日)となって、民間に広がっていったそうです。

明治時代に新暦となり五節句は廃止となりましたが、今でも年中行事の一環として定着しています。

 

現在は「節句」と書きますが、本来は供え物をして無病息災を祈ることから「節供」と言っていたそうです。

また、旬の植物の力で邪気払いをするため、それぞれの節供には植物の別名がついています。

ですから、昔から聖なる木とされており、この時期に咲く桃の花が、ひな祭りに用いられるようになりました。

 

ひな祭りというと、女の子だけの行事に思いますが、桃の節句は、年齢性別を問わず幸せを願う邪気払い行事でした。

女の子がいる場合にはもちろん主役でお祝いしますが、男の子しかいない場合でも「桃の節句」としてお祝いしてみてはいかがでしょうか。

 

参考文献:永岡書店

     春夏秋冬 子どもに伝えたい 和の行事を楽しむ絵本

投稿者: 峰の坂産婦人科

2020.02.03更新

今日は節分。

節分をテーマにした特別食を召し上がっていただきました。

節分2020

投稿者: 峰の坂産婦人科

2020.01.28更新

もうすぐ節分ですね。季節を分ける=節分。

昔は、各季節の前日(立春、立夏、立秋、立冬)と年4回あったとか。

季節の変わり目に邪気(鬼)が生じると言われていて、その邪気(鬼)を追い払う風習ですが、皆さんは、豆まきをしていますか?

豆まきの後、数え年の数だけ豆を食べると健康でいられると言われていますが、私は昔、祖父母の分まで食べていたのを良く覚えています。

ところで、我が家は、豆と一緒に『福茶』が出るのですが、我が家の福茶は、緑茶に豆を入れたものなのですが、先日、昆布・梅・豆の3つで作るのが一般的な事を知りました。

今年は、是非、昆布と梅を用意して作ってみようと思っています。

皆さんも、節分に邪気(鬼)を祓い、無病息災を願ってみてはいかがでしょうか?

 

節分

 

T.Y

投稿者: 峰の坂産婦人科

2020.01.07更新

今朝は無病息災を願い七草粥を召し上がっていただきました。

七草粥

投稿者: 峰の坂産婦人科

2020.01.01更新

新年明けましておめでとうございます。

皆様にとって幸多き年となりますようお祈りいたしております。

本年も当院をよろしくお願い申し上げます。

お正月2020

 

投稿者: 峰の坂産婦人科

前へ
staff staff blog