婦人科

婦人科診療

年齢ごとに変わっていく女性特有のお悩みや病気に幅広く対応しています。

婦人科一般

子宮筋腫、子宮内膜症、子宮脱、月経不順、月経困難症など、婦人科の疾患の診察および治療を行っています。
子宮筋腫や子宮内膜症の場合は、超音波(エコー)および血液検査等でフォローアップし、治療はホルモン剤による薬物療法と手術療法があります。また、子宮脱に対しては子宮脱リングを挿入もしくは根治手術があり、月経不順、月経困難症などに対してはホルモン療法や低用量ピルによる治療などがあります。当院では症状などに合わせて適切な治療をご提案しています。

思春期外来

重い月経痛には婦人科の病気が隠れている可能性がありますし、無理なダイエットの影響で月経不順が起こることはよくあります。こうしたトラブルは、将来の妊娠や出産に悪い影響を与える可能性もあり、受験をはじめとした勉強や部活などのスポーツ、習い事、旅行など日常生活に支障が出てくることも考えられます。そこで、当院では月経に関する思春期のトラブルなどをお気軽にご相談いただけたらと考えています。

更年期障害

のぼせ、ほてり、発汗、めまい等更年期障害の症状は様々であり、日常生活に支障が起こるほか、精神的にも大きな影響が出てくるケースも少なくありません。当院では更年期障害の診断を適切に行い、症状の強い方にはホルモン補充療法を行っています。これは、つらい症状をできるだけ抑えながら更年期を過ごし、おだやかな閉経までを見守るものであり、つらい時期を先送りさせるだけのものではありません。ホルモンという言葉に怖いというイメージを持つ方もいらっしゃいますが、自然に任せているとホルモンバランスが激変してつらい症状が現れるため、エストロゲンをうまく補うことでバランスを整えながら慎重にコントロールしていく治療です。
更年期はセカンドライフのはじまりと言われることもあり、この時期をどう過ごしていくかがその後の人生に大きく係わってきます。更年期障害の治療で症状が劇的に改善されるケースはとても多いため、あまり我慢せず、お早めにご相談ください。

子宮がん検診

当院では子宮がん検診を行っております。
子宮頸がんは若い女性に多いがんです。
子宮頸がん検診を行うことによって早期発見が可能です。
定期的に子宮頸がん検診を受けられることをおすすめします。
所沢市に住民票のある20歳以上の女性は市より助成を受けることができます。

所沢市在住の方はこちらをクリックしご確認ください。

不妊相談

不妊に関するご相談や検査、タイミング指導などを行っています。内診、経膣超音波検査、基礎体温表のチェックなど検査等で妊娠を妨げている病気が見つかれば治療を行っていますが、ご希望される方には信頼できる不妊治療専門クリニックのご紹介もしています。また、ご主人と一緒にいらしていただくことも可能です。

不妊に関するお悩みや疑問がありましたら、お気軽にご相談ください。不妊治療で具体的にどんなことをするのか知っておきたいといったご質問にもお答えしていますし、2人目がなかなか授からないなどのお悩みにも対応しています。

受胎調節 避妊ピル 緊急避妊ピル

ライフスタイルやお考え、そしてお身体の状態に合わせて、低用量ピル処方やIUD(避妊リング)など、適切な避妊方法をご指導しています。細かいご相談にも専門医としてアドバイスをさせあげます。
現在使われている低用量ピルは、高い避妊効果を保ちながら副作用を大幅に軽減するものになっています。また、低用量ピルの服用により、生理痛や生理に伴う肌荒れ、月経前症候群などが軽くなるケースもよくあります。服用方法や有効成分の量などが異なるものがありますので、ご自分に合ったものをお選びいただけるよう、アドバイスしています。

避妊に失敗したと思われる場合は、緊急避妊ピル(モーニングアフターピル)を処方できます。ただし、72時間以内に服用する必要があるため、早めにご相談ください。
当院では、ノルレボ錠とヤッペ法の2種類を扱っております。
・ノルレボ錠:性交後から72時間以内に1錠服用します。
・ヤッペ法:性交後72時間以内にプラノバールを2錠、12時間後にさらに2錠服用します。

骨粗しょう症

閉経に伴って女性ホルモンの分泌が減ることで骨の形成が障害され、骨粗しょう症になることがあります。食事や運動、投薬で改善を図ります。

排尿障害

年齢を重ねるにつれ増えていくものです。尿の回数が増える、夜中に何度もトイレに行く、尿が漏れることをいいます。
排尿痛や頻尿、残尿感などにお悩みの方はご相談ください。

避妊の相談

女性の健康をトータルサポートするための婦人科診療です。

出産後気になることがあっても少し遠のいてしまうこともあると思います。

ですが、婦人科の病気が早期に発見・治療することで症状やお悩みが改善できることもあります。

気になったらまずご相談ください。

検診について

産科の妊婦検診、出産後の検診、婦人科疾患の検診はともに母子の状態確認や病気の早期発見のためにとても重要です。子宮頸がんは早期発見により治ります。
検診を受けるタイミングなど不明点は当院にお問合せください。

子宮がんとは?

当院では子宮がん検診を行っています。子宮がんには子宮頸がんと子宮体がんの2種類があり、子宮頸がんは初期症状が少ないものの検診により見つけることができ、早期に治療することで治ります。

子宮頸がん検診とは?

子宮がんは、子宮の入り口(頸部)にできる「子宮頸がん」と子宮の奥の方にできる「子宮体がん」に分けられます。所沢市で実施しているのはそのうち「子宮頸がん」に効果のある予防ワクチン・検診の助成です。
 子宮頸がんの発症の主な原因は、発がん性ヒトパピローマウイルス(以下HPV)の持続的な感染いわれています。HPVには100種類上の型があり、性的な接触を通じて感染します。ただし、全てのHPVに発がん性があるわけではなく、子宮頸がんの原因となる発がん性HPVは、そのうち15種類あまりとされています。
 発がん性HPVに感染してもその多くは自然治癒しますが、一部が持続感染となり、6ヶ月から数年をかけて子宮頸がんを発症させます。初期の子宮頸がんにはほとんど自覚症状は表れませんが、進行すると不正出血やおりものが出るようになり、更に進行すると他の部位への転移や子宮摘出手術を受けなければならなくなる可能性もあります。

所沢市の子宮頸がん検診は、20歳以上対象で毎年行うことが出来ます。

HPV(ヒトパピローマウィルス)検査

子宮頸がん検査で使われ始めた検査法で、子宮頸がん検査と同時にでき、痛みがほとんどない検査です。
この検査はがんの原因となるウイルスに感染しちえうrかを調べる検査で、将来のがんになる可能性もわかる検査です。
子宮頸部から細胞を採取する検査のため通常、検査結果は1週間~10日かかります。

子宮体がん検診

子宮体がんは子宮内膜にできるがんです。
月経とは無関係の出血・おりもの・痛みなどがありましたら検査を受けましょう。
子宮体部(内膜)から細胞を採取しての検査ですが、超音波検査の併用で検出率が高くなります。通常、検査の結果は1週間ほどかかります。

staff staff blog