母体保護法による手術

母体保護法による手術

母体保護法指定医

母体保護法指定医とは

母体保護法とは、母体の生命健康を保護することを目的としている法律であり、不妊手術および人工妊娠中絶に関する事項が定められています。
『母体保護法指定医』とは、都道府県医師会が指定した医師のことであり、日本で、『母体保護法』に沿って人工妊娠中絶手術が行われています。当院院長は母体保護法指定医ですので、お悩みがありましたらご相談ください。

母体の保護と将来のために

人工妊娠中絶手術は、母体保護法指定医の資格を持つ医師が行います。
当院院長は母体保護法指定医です。
様々な事情で妊娠を継続することができない方に日帰りの人工中絶手術を行っております。
当院で手術を受けた方が後に当院で出産されるということもよくあります。
ご相談ください。

staff staff blog