4D超音波(エコー)

4D超音波(エコー)

当院ではGE Healthcare Japan社 Volusonの最新機種を導入いたしました。健診時に毎回新機種VolusonE8の4D超音波(エコー)で赤ちゃんをみます。この機種では、HD Liveという表示方法で鮮明な立体動画をご覧いただくことができます。また、ご希望があればUSBメモリに動画をお入れします。USBメモリはご持参いただくか、当院でご購入いただけます。
赤ちゃんの様子は、妊娠25週から35週位までが比較的見やすい時期です。ただし、赤ちゃんの向きによっては顔をうまく見ることができない場合もあります。

妊娠初期用の経膣超音波(エコー)としてはVolusonP8を導入いたしました。より精度の高い画像での診断が可能となりました。 

当院で妊婦健診を受診していない方でも4D超音波(エコー)の撮影を受け付けています。
ただし、撮影時の赤ちゃんの顔の向きにより、お顔の写真が撮れないこともありますので、あらかじめご了承ください。

GE Healthcare Japan社より 

Voluson E8

Volusonは、世界の周産期医療に貢献するために開発、販売されている超音波診断装置です。
今までも、そして、これからも、世界、及び、日本の周産期医療に貢献するために、皆さんと一緒にVolusonはあり続けます。
Voluson E8の「Radiance System Architecture」がこれまでのイメージ・クオリティーを超えて、新たなスタンダードへの扉を開きます。
胎児の姿を、解剖学的リアリティと共に描き出す、HD Liveが更なる立体感と表現力を手に入れました。
「HD Live Studio」、映画やCGで使用されるようなLighting方法を搭載することで、女優さんのようにスポットライトをあてたり、多方向からライトをあてることにより肌や臍帯の透け感までもよりリアルに表現することが可能となりました。
また、「HD Live Silhouette」により、従来、表面構造しか立体構築できなかった3D/4D画像で微細な内部構造までクリアに抽出が可能となりました。
更に「HDLiveFlow」は解剖学的リアリズムのもと、立体的に奥行き感のある血流を表現します。
従来から搭載している、胎児心臓の4D=STIC機能、独自の画像構築技術HD Live、低流速の血流や細かい血管もより正確に描出するHD Flowなども更なる進化をしています。
Volusonはいつも新しい生命に寄り添いつづけてきました。
新しい生命の誕生を見つめ、健常な発育を見守り、そして母性を育み、分娩に向けて準備が出来る様に。皆さんと同じ思いを抱きながら、1つひとつ性能を磨き誕生した「VolusonE8」
――VolusonにはLOVEがある

Voluson P8

Volusonは、世界の周産期医療に貢献するために開発、販売されている超音波診断装置です。
今までも、そして、これからも、世界、及び、日本の周産期医療に貢献するために、皆さんと一緒にVolusonはあり続けます。
Voluson シリーズのプレミアム装置のエンジンをコンパクトなボディに技術移植しました。「Voluson Core Architecture」により、圧倒的な高画質で、短時間スキャン、高精度の画像診断を実現いたします。
より精度の高い画像診断に、上質なコミュニケーションに、「Voluson P8」が寄り添います。
経腟超音波検査における患者さんや妊婦さんの負担を可能な限り軽減するために、新たに開発したプローブを装着しています。
プローブの形状が、先端が小型化され、細くなっています。また、この新しいプローブと「Voluson Core Architecture」の優れたパフォーマンスにより、基本画像のクオリティが向上し、低流速の血流や細かい血管もより正確に描出するHD Flowの感度も向上しています。そのため、より精度の高い画像診断で、検査が可能です。
Volusonはいつも新しい生命や女性の健康に寄り添いつづけてきました。
新しい生命の誕生を見つめ、健常な発育を見守り、そして母性を育み、分娩に向けて準備が出来る様に。
――VolusonにはLOVEがある

輪郭や表情の変化、手足の動きまで 赤ちゃんの立体動画が見られます。

当院では、赤ちゃんの立体動画を見ることができる4D超音波(エコー)診断装置を導入しております。超音波をお腹に当てて、その反射を利用することで中の赤ちゃんの状態を動画にするものです。
赤ちゃんの輪郭や表情の変化、手足の動きまでが見られるので、「子どもが生まれるんだ」という実感が高まるでしょう。
この装置を使うことで、性別がわかるほか、赤ちゃんが元気に育っているか                     どうかを確認することもできます。

 

エコー写真

当院では妊婦検診の受診がなくても4Dエコーの撮影ができます。

エコー写真は撮影時の赤ちゃんの顔の向きにより、写真が撮れないこともあります。
お腹からのエコー写真は妊娠18週から見ることができますが、一番見やすい時期は妊娠28週~35週くらいです。

 
 
 
 
 
 
 
 

当院のささやかなサービス

動画を無料でプレゼント

当院では4D超音波診断装置を使うときに毎回録画をしていて、その動画をデータ記録媒体(USBメモリ)に移して患者さんにプレゼントしています。出産前の赤ちゃんの動画はご両親で撮ることはできませんから、「記念になる」と喜ばれる方が多いです。

出産直後の赤ちゃんの写真も

赤ちゃんが生まれた瞬間や直後の写真も当院で撮影し、フォトフレームに入れたり、アルバムにしたりして患者さんにお渡ししています。

撮影のみも可能

当院で妊婦検診を受診していない方でも、撮影だけをすることが可能です。
妊娠13週から見ることができますが、一番見やすい時期は妊娠28週~35週くらいです。
エコー写真については、そのときの赤ちゃんの顔の向きにより、撮れないこともありますので、ご了承ください。

○費用
税込みでおよそ2,500円

無線LANタブレット

各部屋に、MediPacママを設置しています。
MediPacママは、タッチパネル形式の情報端末です。入院中に必要な情報やスケジュール・育児指導、及び、インターネットの利用が出来ます。

staff staff blog